不動産ご購入の流れ

1 こだわり・資金計画などご相談
ご購入の条件についてのアドバイスや、無理のない資金計画をご提案いたします。ご購入理由・動機を明確にして、購入予算を決めます。お気軽にご相談ください。

2 住宅を探す・住宅の見学
ご希望内容と資金計画に沿った物件を、豊富な不動産情報の中からご提案いたします。
いよいよ物件見学です。スタッフが現地をご一緒にご案内させていただきます。

3 購入申し込み
ご購入したい物件が見つかりましたら、不動産購入申込書に条件等を記入します。

4 住宅ローンの事前審査
総予算が決まったら、住宅ローン事前審査をします。申込者に融資をしてもいいかどうかを簡易的に審査します。

5 重要事項の説明・売買契約の締結
不動産取引にあたって専門的な知識を有する宅地建物取引士が、物件に対する重要な事項を書面にてご説明いたします。内容をご理解された後、売買契約の締結となります。契約成立後、売主様に手付金をお支払いいただきます。

6 住宅ローンの本申込み
住宅ローンの本申込みをします。きちんと返済能力があるかどうか、物件の資産的価値・借りる人の健康状態等審査します。

7 ローンの承認と契約
住宅ローンの本承認が通りましたら、銀行とお客様とローンの契約を行います。

7 引き渡し前の最終確認
不動産が引き渡し可能な状態であるかを買主様とスタッフ立ち会いのもと、最終的な確認をします。

8 残代金の支払いと物件の引き渡し
売買残代金の支払いと同時に、所有権移転登記と物件の引き渡しを行います。

9 税金の申告
住宅ローン控除の適用を受けられる方は、住宅に入居した年の翌年の3月中旬までに税務署に申告する必要があります。※住宅ローン控除の適用にならない物件もございますので、詳しくは担当者までお尋ねください。